読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いしべっちと愉快な仲間達

不動産屋ってコワくない?                                                    そんなイメージを払拭する為にもこのブログで色んな不動産屋さんをご紹介し                      不動産屋さんのイメージが変わればイイと思ってます。

隣の芝生は 青々とみえるようです。

先日の親睦会のときに ある方に うらやましい と言う人が 居ました。

 

石部さんや エエなぁ~ お客さん いつも若いコでぇ、うらやましいワ

そうですか? 結構 大変ですヨ

f:id:ishibe_t:20151219181409j:plain

ウチに来られる お客さんは 大学入学前の方、つまり女子高生

ある意味、時代の最先端

なので、ガラケーなんてもってのほか ガラケーを自慢してると笑われますし

こちらが新しい話題と思って話しても 完全に時代遅れです。

 

入居申込書を記入して頂く時も

『1997年って平成何年ですか?』

と、最近の子は 元号でなく西暦なんです。

子供が子供なら当然、親もそうで

『ママ、今、何歳?』

『聞かないでぇ、ママ 来年 大台到達やし~』

 

『40歳になるそうですw』

 

『ちなみに おじいさんは何歳ですか?』

 

『還暦少し過ぎたくらい』

ワタシは 完全に 父親より年上、会長のべーやんは  おじいさんより10歳上ですw

 

1998年(平成10年生まれ?)若いなぁ~って言うと

『2000年代生まれじゃないから 年取ってます』

 

今年のお客様は 平成9年~10年の産まれ

産まれた時から 携帯電話やインターネットのある時代

世代のギャップがあって当然、しかし仕事なので 必死について行ってます。

twitter?いつの時代の話?

LINE?まだしてるの?

そんな感じです。

今はインスタらしく、ワタシも最近始めました。

 

驚いたのは

浜崎あゆみが懐メロでしたw』

 

f:id:ishibe_t:20151219183605j:plain

冷静に考えると 45歳のワタシより 7歳の息子の方が かなり年が近いんですからw

 

それぞれ 見る目線から いろいろと感じました
親睦会のおしゃべりの一コマでした。